• ホーム
  • アフターピルと低用量ピルの特徴

アフターピルと低用量ピルの特徴

ニコニコしている女性

アフターピルと低用量ピルはどちらもピルという名前がついていますが、使用する目的に違いがあります。
大きな違いは服用する回数です。
アフターピルは緊急措置的に必要がある時だけに服用しますが、低用量ピルは基本的に毎日服用をします。

どちらも含まれている内容は女性ホルモンと同じ働きを持つもので、体に女性ホルモンを入れることで排卵を抑制させる働きを出します。
アフターピルの場合には低用量ピルよりも含まれている女性ホルモンの量が多く、服用後にすぐに体の状態が変わるような仕組みになっています。

これはアフターピルが避妊に失敗をした後に使う種類の薬だからです。
すでに妊娠をする可能性がある女性の体に変化を起こし、妊娠を成立させないようにします。
こういった特徴があるので、アフターピルは性行為後72時間以内に服用することを原則としています。
この時間を過ぎると、すでに体の中で妊娠が成立している可能性が高くなり、アフターピルの効果を出すことが難しくなります。

性行為後72時間以内というのは、アフターピルを使うことができる最大の時間ということで、出来る限り早く服用をしたほうが避妊効果がしっかりと出せます。
性行為の直後に服用すると妊娠する確率を最も低くすることができます。
そして時間の経過と共に避妊効果が落ちていくので、時間が経ってから服用すると、妊娠する確率が高くなります。

アフターピルはこのように緊急避妊薬として使うものなので、性行為をする前には使用することはありません。
基本的には何かの方法で避妊をするということが前提にあり、それでも避妊に失敗してしまったり、避妊ができなかった時に緊急避妊薬として使用します。
そのため、基本的には性行為の後に一度だけ使うもので、日常的に使用する種類の薬ではありません。

低用量ピルは性行為をする前の段階で服用して、避妊効果を出すものなので、そこが大きな違いになります。
低用量ピルは性行為をした後に使っても効果がありません。

アフターピルと低用量ピルは何が違うのか

低用量ピルには色々な種類の薬があり、それぞれに特徴があります。
服用方法が違ったり、副作用の出方に個人差があるというところで、自分の体質に合ったものを使用することが大切です。

低用量ピルの代表的な銘柄にトリキュラーというものがあります。
トリキュラーは日本国内でも多くの人に使用されている種類の低用量ピルで、世界中に愛用者がいます。

トリキュラーには女性ホルモンが含まれていますが、これを毎日服用することで、体の中の女性ホルモンが十分に足りている状態に変化させます。
そうすると、体がこれ以上は自分自身の女性ホルモンを分泌させる必要はないと判断をして、ホルモンの分泌が行われなくなります。
その結果、排卵が抑制されて避妊効果があらわれます。

こういった効果が出るまでには一回の服用だけでは不十分なので、毎日服用を続ける必要が出てきます。
アフターピルの場合にはすぐに効果を出さなくてはいけないので、含まれる女性ホルモンの量が多く入っており、副作用も出やすい作りになっています。
低用量ピルは毎日服用しているうちに効果を出すものなので、出来る限り自然な状態に近づけたつくりになっているので、副作用も起きにくいという違いがあります。

このようにアフターピルと低用量ピルでは使用目的が違うという特徴がありますが、アフターピルは性犯罪にあった時にも使用されています。
同意のある性行為で避妊を失敗してしまった時だけでなく、性犯罪による妊娠の可能性があるからです。
自分の意志とは関係なく性犯罪に巻き込まれてしまう可能性は全ての女性にあります。
そのため、アフターピルをお守りとして自宅に準備しているという人もいます。
お守りを準備しておけば、いざという時に性行為の後にすぐに服用すれば望まない妊娠を予防できます。