• ホーム
  • トリキュラーが合わない場合はマーベロン

トリキュラーが合わない場合はマーベロン

トリキュラーは、日本の産婦人科で最も頻繁に処方される低用量ピルの一つで、第一選択肢的に選ばれるほどポピュラーな製品です。
トリキュラーは体への負担は少なく確実に避妊をすることができる実績のある低用量ピルですが、中には吐き気やその他のマイナートラブルが出てしまうケースがあります。

これはトリキュラーだけでなく様々な製品に起こり得る症状ですが、トリキュラーを服用して吐き気や頭痛、その他の副作用を感じたときにはマーベロンという新しいタイプの低用量ピルが処方されることがあります。

マーベロンは第三世代の比較的新しいピルで、トリキュラーよりも後から製造、販売された製品です。
トリキュラーに比べて吐き気やニキビ、その他のマイナートラブルの症状が出にくいといわれており、実際にトリキュラーが合わなくてマーベロンを服用したところ、副作用が出なくなったというケースも少なくありません。

婦人科の多くは低用量ピルの処方を希望した時にトリキュラーを処方する傾向にありますが、服用してみて合わなければマーベロンに替えることが出来ますし、扱いが無いクリニックでも取り寄せてくれる可能性もあります。

トリキュラーを服用していて全く副作用を感じない人も多いですし、その場合にはそのまま服用を続けることが出来ますし、初めの1シート目で多少吐き気のようなものを感じても、飲み続けているうちにそうした不快な症状は消えることも少なくありません。

そのため、少なくとも1シートは続けて服用してみることが推奨されていますが、吐き気がひどくて低用量ピルの効果が得られない時にはマーベロンを試してみるとそうした症状が出なくなる可能性があります。

マーベロンは比較的新しい低用量ピルで、従来のマイナートラブルが出にくいという口コミも多く見られます。
症状の出方には個人差がありますので、吐き気やその他合わないと感じる症状があるときにはマーベロンを試してみてはいかがでしょうか。

マーベロンにも副作用はあるのか

副作用が比較的少ないといわれているマーベロンは、主成分にエチニルエストラジオールとデソゲストレルの二つの女性ホルモンが含まれる低用量ピルです。
エチニルエストラジオールは低用量ピルの主成分として知られていますが、このデソゲストレルという黄体ホルモンがマイナートラブルが出にくいといわれるものです。

低用量ピルで合わないものを摂取すると吐き気をはじめとして様々な不快な症状が出ることがありますが、マーベロンにはそうした症状が出にくいと多くのユーザーが口コミで語っています。
しかし、マーベロンを服用して合わないと感じる人がいることも事実です。

マーベロンだけでなく様々な薬には副作用があり、頻度は少ないもののトリキュラーやその他のピル同様吐き気やその他のトラブルが起こることもあります。
この感じ方や重さは人によって大きく異なりますので、すべての人に全く副作用が出ないことが保証されているわけではありません。

マーベロンは肌のトラブルが多い人に特に好まれている低用量ピルで、ホルモンバランスの不具合によるニキビの治療に使われることもありますが、この効果もすべての人に起こるものではありませんので、効果や副効用、副作用などが自分に合っているものを選ぶと快適に低用量ピルを服用することが出来ます。

低用量ピルは含まれている女性ホルモンの種類によって自分に合うものと合わないものがありますが、副作用が少ないといわれているマーベロンでも自分に合わないと感じた場合には、そのシートで服用するのを中止して他の製品に切り替えたほうが快適に日常生活を送ることができる可能性が高くなります。
吐き気を感じた場合にはかかりつけの医者に相談するのがおすすめです。