• ホーム
  • トリキュラーの服用方法の流れ

トリキュラーの服用方法の流れ

笑顔の女性

低用量ピルの中でも人気のあるもののひとつがトリキュラーです。
トリキュラーの特徴は錠剤の色が3種類に分かれており、飲む順番が決まっているということです。
低用量ピルの中には、全ての錠剤が同じ内容のものもありますが、トリキュラーは錠剤の色の違いで内容も変わっているので、飲む順番を守る必要があります。

そしてトリキュラーには21錠入りのものと28錠入りのものがあります。
この2種類の違いは、休薬期間に飲む錠剤が含まれているかどうかの違いです。
休薬期間というのは、ピルを飲まない期間という意味です。
ピルを飲んでいる期間は生理周期が定期的になり、28日周期が基本となります。

1周期28日間のうち21日間は女性ホルモンが含まれている錠剤を服用して、体の中のホルモン量をコントロールします。
そして、残りの7日間はピルを飲まないか、女性ホルモンが含まれていないピルを服用します。
休薬期間にピルを飲まないタイプが21錠入りで、休薬期間もピルを飲むタイプは28錠入りになります。

休薬期間は女性ホルモンを体に入れる必要のない期間です。
そのため、ピルを飲む必要はないのですが、この7日間の間にピルを飲む習慣が途絶えてしまうと、休薬期間明けに飲み忘れをする人が多くなります。
飲み忘れのほとんどが休薬期間明けに起きているということで、飲み忘れを防ぐために中身のない錠剤を7錠追加したトリキュラーもできました。
21錠入りと28錠入りの違いは、そういった違いだけなので、避妊効果などには違いはありません。

服用方法の違いも休薬期間にホルモンの含まれていない錠剤を飲むか飲まないかだけの違いです。
その他の21錠に関しては中身も同じですし、服用方法も違いはありません。
周期の初めから赤い色のついた錠剤を飲み始め、順番に飲み進めていきます。
7日目からは白い錠剤になり、12日目からは黄色の錠剤に変わります。
シートに番号が振ってあるので、その順番通りに服用すれば間違えることはないでしょう。

トリキュラーの服用方法の注意点

トリキュラーを初めて服用する時には、飲み始めの時期に迷うことがあるかもしれません。
飲み始めは整理が始まった日から内服を始めるという方法が基本形になります。
しかし、今後も飲み続けることを考えてカウントがしやすいようにしたい場合には、生理が始まってから初めての日曜日から飲み始めるといった方法もあります。
もしも、次の生理まで時間がある時には、すぐに飲み始めても構いません。

服用の仕方にも関係することですが、トリキュラーは飲み始めてすぐに避妊効果が出るかどうかがわかりません。
そのため最初の1~2週間はトリキュラーを服用していても、他の避妊法も併用したほうが良いでしょう。
確実な避妊効果が出ているかを知るためには1周期経過するのを待つと安心です。

トリキュラーは毎日忘れずに1錠ずつ飲むだけで、排卵を抑制し、避妊効果をあらわします。
トリキュラーの避妊効果は高く99%以上の高い避妊効果があると言われています。
しかし、飲み忘れがあった場合には、避妊効果が一気に低下してしまう恐れがあります。

基本的には毎日服用をするだけでなく、できるだけ同じ時間帯に服用をするようにしましょう。
トリキュラーのような低用量ピルは含まれているホルモン量が少ないので、時間が長く空くと避妊効果が下がることがあるからです。

もしも飲み忘れをしてしまった時には、気付いた時点ですぐに服用しましょう。
そして、次の服用時間になったら、その日の分をきちんと飲みましょう。
飲み忘れを防ぐためには、自分が忘れにくいような時間帯に毎日飲むようにするなどの工夫をしておくのがおすすめです。
毎日の習慣にしてしまえば、飲み忘れをする確率を低くできるでしょう。