• ホーム
  • モーニングアフターピルであるノルレボの使い方

モーニングアフターピルであるノルレボの使い方

悩む女性

ノルレボは日本で発売した初めてのモーニングアフターピルで、有効成分はレボノルゲストレルになります。
レボノルゲストレルは黄体ホルモンで、主に排卵を抑制することによって受精を予防することができたり、子宮内膜の増殖などを防ぐことによって受精した場合定着しにくくする着床阻害効果を期待することが可能です。
薬の効果を現す血中濃度が最高値に達するのは服用した後2時間~3時間になります。
できるだけ早い段階において緊急避妊薬は服用することが良く、服用するタイミングによって避妊の成功率にかなり影響を与えるからです。

ノルレボは基本的に24時間以内に服用することが良く、性交後72時間以内と比較すると効果はかなり落ち込むでしょう。
ノルレボは72時間経過した後一定の避妊効果がありますが、念のために婦人科を受診して服用などに関して相談することをおすすめします。
ノルレボは受精卵を作らせなかったり、受精卵を着床させないという2つの効果を発揮することができる薬で、そのため排卵日や危険日の違いによっては避妊成功率があまり変わらないと言われています。
ノルレボの飲み方として性交後72時間以内に経口投与するルールになっていて、多くの場合避妊に失敗したと判断した翌日にクリニックでモーニングアフターピルを処方してもらうでしょう。
薬の有効成分を吸収しやすいよう水やぬるま湯で服用するようにします。

ノルレボを空腹時に飲むと副作用から吐き気が強まるケースがあり、食後に飲むのが基本とされています。
もし吐いてしまったら服用してから2時間以内の場合は再服用することが可能です。
副作用が比較的少ないモーニングアフターピルと言われていて、幅広い世代の人が利用しています。
インターネットを利用すると個人輸入代行サイトでリーズナブルな価格で注文することができ、もしもの時の備えになります。
タイミングを守ると高い確率で避妊効果を発揮することができるでしょう。

モーニングアフターピルのノルレボの使用上の注意点

ノルレボは世界約50カ国以上で使用されているモーニングアフターピルです。
1999年フランスで初めて認定されてから世界保健機関(WHO)によって緊急避妊を目的とした必須医薬品に指定されました。
日本では厚生労働省から正式な認可がおり、ノルレボを利用することができます。

ノルレボにはいくつか注意があり、服用が禁止されていたり他の薬との飲み合わせなどに注意が必要です。
例えば妊婦の人や授乳中の人・妊娠の可能性がある人などはノルレボの服用が禁止されています。
妊婦の人が服用した場合は胎児に何かしら悪い影響を与えるケースもあり、授乳している女性も十分注意が必要です。
成分は母乳に移行することがあり、服用した後24時間は赤ちゃんへの授乳を避けた方が良いでしょう。

慎重な投与が必要な人は肝臓病や肝臓に障害のある人、心疾患の人や腎疾患やアレルギーなどがある人で、服用する際慎重な判断が必要です。
他の薬の飲み合わせにも注意が必要で、例えば市販の吐き気止めや酔い止め薬、風邪薬や頭痛薬などはノルレボと併用しても問題ありません。
病院で処方されるような鎮痛剤などとの飲み合わせも問題ないと言われていますが、服用する場合は念のために医師に相談することをおすすめします。
一部の医薬品やサプリメントなどには併用を禁止しているものがあり、相互作用によってノルレボの効果を減少させる恐れのあるものがあります。
抗けいれん薬や酵素阻害剤などには注意が必要で、かなり使用上の注意や医師に確認した方が良いでしょう。
肝臓病やアレルギーのある人は服用できないことがありますが、フランスが発祥で歴史のある副作用は比較的少ない飲みやすい緊急避妊薬と言えます。