• ホーム
  • 低用量ピルのダイアン35の特徴

低用量ピルのダイアン35の特徴

低用量ピルは含まれている女性ホルモンの量を最小限まで減らしてあることが特徴ですが、その中でもどういった女性ホルモン剤を使用しているかや、含まれる量がどのように変化するかの違いがあります。
ダイアン35は色々な種類がある低用量ピルの中では、周期の間を通して含まれる女性ホルモンの量が一定であるという特徴があります。

これは21日間服用する錠剤が全て同じ内容だということで、シートの中の錠剤を飲む順番に神経質にならなくて良いというメリットとなります。
低用量ピル中には、含まれるホルモン量が徐々に変化するタイプのものも存在します。
そういったものは飲む順番を間違えると、避妊効果が落ちてしまいます。
しかしダイアン35の場合には、どの錠剤から飲んでもきちんと避妊効果を出すことができます。

ダイアン35に含まれる女性ホルモンの種類は黄体ホルモンとしてシプロテロンアセテートが含まれており、卵胞ホルモンとしてはエチニルエストラジオールという成分が入っています。
このふたつのホルモンを体内に入れることで、体の中からは自分の女性ホルモンが分泌されない状態になり、排卵を抑制します。

女性のからだでは生理周期の初めから卵胞ホルモンが徐々に多くなり、排卵後には黄体ホルモンが多くなっていきます。
こういった自然の体の働きに合うようにシプロテロンアセテートとエチニルエストラジオールがダイアン35に含まれています。
そのため、飲み忘れがあると自分の体から女性ホルモンが分泌されてしまい、避妊効果が低くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

また他の低用量ピルは欧米で開発されたものが多く、欧米人の体型に合わせた作りになっています。
欧米人のほうが体格が大きい人が多いので、小柄なアジア人が同じ低用量ピルを飲むと、副作用が出やすいというデメリットがありました。
そういった問題に対してダイアン35はアジア人向けに作られているので、日本人の体型に最適です。

低用量ピルダイアン35が向いている体質

ダイアン35のもうひとつの特徴が男性ホルモン抑制効果が大きいということです。
低用量ピルはどのピルも女性ホルモンが含まれていますが、中には男性化しやすい副作用を持つものもあります。
男性ホルモンが抑制されることの良さは肌荒れを治すことができたり、ピルを飲み始めても太らないことなどです。

男性化してしまう副作用には肌が油っぽくなりニキビができやすくなったり、体重が増えてしまうというものがありました。
そういった副作用が起きにくいような工夫がされているので、他のピルを使って男性化の副作用に悩んでいる体質の人に向いています。

また、他のピルでは頭痛や吐き気などの副作用が出やすいという体質の人にも向いていると言えます。
それは、他のピルが体格の良い欧米人向けに作られていることと関係しています。
そういったものでは自分の体に必要な量の女性ホルモン量よりも多く摂取してしまうことがあります。
結果的にピルの服用によりホルモン量が大きく増えてしまうとバランスを崩してしまい、強い症状が起きてしまいます。
そういった経験をしたことがある体質の人でも、日本人向けに作られたダイアン35であれば、副作用が出にくくなる可能性があります。

またダイアン35は21錠入りで、全て同じ内容の錠剤になります。
ピルを飲むことを忘れがちだったり、細かなルールを守るのが苦手だという人には、順番を気にせず飲めるダイアン35が向いています。
21錠を毎日飲んで、残りの7日間は休薬期間になるというシンプルな仕組みです。
毎日飲む癖をつけておけば、大きな負担に感じることはないでしょう。
他にも全ての錠剤で内容が同じなので生理日を調整したいという時にも使いやすくなっています。