公開履歴
葉の上にあるカプセル

トリキュラーは、第2世代に分類される低用量ピルであり、実薬21錠タイプと偽薬7錠をセットとする28錠タイプの2種類があります。
この低用量ピルは、卵胞ホルモンにエチニルエストラジオールと黄体ホルモンにレボノルゲストレルの2種類の合成女性ホルモン剤が配合されています。
女性の自然な生理周期に合わせて合成女性ホルモンの配合量が異なる3種類の錠剤を組み合わせている3相性であり、生理痛緩和や不正出血が少ないなど体への副作用が少ない低用量ピルです。
通販サイトでトリキュラーを購入する方法が解説されているサイトもありますので、トリキュラーの通販情報を調べてみて、少しでもお得に購入してみましょう。

トリキュラーの副作用で太る?副作用の主な症状

トリキュラーは、人工的に合成した女性ホルモンレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールによってエストロゲンとプロゲステロンを人為的にコントロールする事で避妊効果を示します。
黄体ホルモンエストロゲン及び合成女性ホルモンレボノルゲストレルは体外にナトリウムを排出する腎臓の働きを抑制する副作用を持つ医薬品です。
レボノルゲストレルは、意図して摂取する事で塩分排出を阻害するので体内にナトリウムを溜め込む事になり、ナトリウムが水分を吸収してむくみを引き起こします。
むくみ自体は、トリキュラーを服用していなくても生理前に発生しやすい生理現象であり、生理前は痩せにくいと言われているのがダイエットの常識です。
トリキュラーの服用は、ナトリウムの排出を阻害して皮膚などの保水力を高める事からむくみを発生しやすくする事に加え、1週間の休薬期間になると体重が減少する事からもトリキュラーの服用で太ると感じてしまう服用者が多いとされています。

プロゲステロン及びエチニルエストラジオールは、妊娠の為の子宮内膜の肥厚や胎児の成長を促進する為に水分や栄養を体内に蓄積させる役割を担っている事から溜め込むホルモンと呼ばれています。
妊娠に備えて生理前には食欲が増加して体重が増える女性が多くいます。
トリキュラーの服用は、避妊効果を目的として溜め込むホルモンの役割を果たすエチニルエストラジオールを人為的に摂取しているので食欲増進を引き起こし、結果的に体重が増加してしまう女性が多いのも現実です。
合成女性ホルモンは、人為的にエストロゲンとプロゲステロンのバランスを変化させるのでセロトニンやアドレナリンなどの神経伝達物質にも大きく影響を及ぼす、衝動性の亢進や情緒不安定を引き起こし食欲を増進させてしまいます。
月経前症候群患者や子宮内膜症患者は、低用量ピルを服用し続ける事で生理痛緩和や不正出血の抑制などの医薬効果が得られ、次第に体調が整えられると共に食欲が増進される事から、太ると感じる服用者が多いのも実情です。

トリキュラー服用で起こる不正出血

トリキュラーは、吐き気や嘔吐など腹部の不快感だけで無くむくみや不正出血などの副作用があり、約30%の服用者が服用初月に不正出血を体験しているとされています。
不正出血は、トリキュラーに限らず低用量ピルを服用開始した女性によく見られる副作用であり、低用量ピルの服用による急激なホルモンバランスの変化に起因して発生する副作用です。
低用量ピルは、原則として生理初日から服用を開始するので生理中に急激なホルモンバランスの変化が引き起こされ、妊娠の為に肥厚した子宮内膜が完全に?がれ落ちない生理現象が発生してしまいます。
子宮内膜は、プロゲストーゲンの作用によって肥厚した子宮内膜が?がれ落ち無い様に維持する働きがあり、トリキュラーを服用する事で黄体ホルモンの働きを代行するレボノルゲストレルが増加する事で完全な剥離が阻害される生殖器官です。
?がれ落ちなかった子宮内膜は、生理終了後に少しずつ?がれ落ちて行くので不正出血となります。

不正出血には、トリキュラーなどの低用量ピルの服用で引き起こされる機能性出血の他に、器質系出血や中間出血があります。
器質系出血は、産婦人科の外来診療で最も患者が多い症状であり、子宮筋腫や子宮内膜症及び子宮頚管ガンなど様々な原因で出血する症状です。
子宮内膜症は、子宮内に限定的に存在する筈の子宮内膜が卵巣や卵管及び腹腔内などで増殖してしまう疾患であり、強烈な生理痛や性交痛及び不妊症などの症状に悩まされてしまいます。
治療方は、Gn-RHアナログ剤やディナゲスト剤などによるホルモン療法や手術療法などが行われていますが、低用量ピルの服用も効果的な治療方法です。
卵胞ホルモンのエストロゲンは、妊娠に不可欠な卵子を生理周期に合わせて排卵させますが、生理痛の原因となるプロスタグランジンの生成及び分泌を促進する働きもあるので低用量ピルによる排卵抑制が有効な治療方法とされています。

トリキュラーなど低用量ピルの避妊効果とは

低用量ピルの避妊効果は、一般的な避妊方法のコンドームの75%?98%に対して、91%?99.7%とコンドームよりも遥かに避妊率が高いだけで無く、服用を中断すればいつでも妊娠可能な可逆性のある避妊方法です。
低用量ピルは、合成女性ホルモンのレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが腸で吸収されると共に肝臓から全身に循環する腸肝循環薬であり、性上位中枢の視床下部の脳下垂体に作用します。
レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの作用により視床下部の脳下垂体は、子宮内膜の肥厚と精子の受精率を高める子宮頸管粘液を分泌する卵胞ホルモンのエストロゲンに加え、基礎体温を高め子宮内膜の肥厚を抑制する黄体ホルモンのプロゲステロンが卵巣から分泌していると誤認識させられ、卵胞刺激ホルモンFSHと黄体形成ホルモンLHの分泌を抑制する事で避妊します。

卵胞刺激ホルモンFSHは、卵巣に作用して卵胞の発育を促進させるホルモンであり、トリキュラーは卵胞刺激ホルモンFSHの分泌をコントロールする事により卵巣が休眠状態にして卵胞の成熟を停止させ、避妊効果を発揮する低用量ピルです。
黄体形成ホルモンLHは、一時的に過剰放出される事で卵母細胞の成熟を促進すると共に排卵を誘発する性刺激ホルモンであり、低用量ピルは黄体形成ホルモンの分泌をコントロールする事で卵胞の成熟と排卵を抑制する避妊効果を発揮します。
女性は、細菌やウイルスなどの子宮や膣への侵入を防ぐ為に酸性の子宮頚管粘液が分泌され、排卵期には精子が進入しやすくなる様に弱アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されます。
低用量ピルの服用により排卵期の子宮頚管粘液の性状変化を抑制して避妊効果を高めています。

低用量ピルの服用は生理痛緩和にも効果的

低用量ピルは、低用量ピルを服用すると生理痛が軽減されます。
これは、低用量ピルに含まれている卵胞ホルモンエストロゲンや黄体ホルモンプロゲステロンの合成ホルモンによって性上位中枢の視床下部や卵巣に作用する事で人為的に排卵を抑制する避妊薬です。
しかし、生理痛緩和や不正出血の抑制などの医薬効果がある事から子宮内膜症や月経前困難症などの治療にも処方されている医薬品です。
低用量ピルは、卵胞の成熟と排卵を抑制する医薬効果により、受精卵の着床率を高めるだけで無く胎児の正常な生育を促す為に肥厚する子宮内膜の働きを抑制します。
子宮内膜は、厚く肥厚するほど生理痛の原因となるプロスタグランジンの分泌量が増加するので、低用量ピルは子宮内膜の肥厚を抑制する医薬効果でプロスタグランジンの分泌を抑制し、酷い生理痛も緩和する医薬品です。

低用量ピルは、避妊薬としてのイメージの強い医薬品ですが、生理前の症状や月経困難症の症状緩和だけで無く、症状に伴う精神的な不安を取り除く、エストロゲンの過剰分泌を抑制、子宮内膜症や子宮筋腫などの悪化も予防する医薬効果もある事から、保険適用の低用量ピルもあります。
低用量ピルは、生理周期に合わせてホルモンバランスを計った様に整えて排卵を抑制し、生理痛の根本原因を解決出来るので辛い症状を我慢するよりも早く服用を開始すべきです。
低用量ピルは、服用により約10万分の1の低確率で血管中の血液が固まってしまう血栓症を発症するリスクがあり、浮腫んだ四肢の痺れや突発性の激しい頭痛、及び急激な血圧上昇などの自覚症状には気を付けるべきです。
血栓症は、35歳以上の人や1日15本以上タバコを吸う喫煙者の発症リスクが高いとされ、標準体重より肥満傾向の人は特に注意が必要とされています。

記事一覧
低用量ピルのダイアン35の特徴 2020年05月07日

低用量ピルは含まれている女性ホルモンの量を最小限まで減らしてあることが特徴ですが、その中でもどういった女性ホルモン剤を使用しているかや、含まれる量がどのように変...

ピルの服用時の注意点 2020年04月01日

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれており、排卵を防ぐ効果があります。服用することで血中の女性ホルモンの量が増えますが、排卵した...

エストラジオールとクリマラの関係 2020年02月22日

クリマラは女性ホルモンと同じ働きをするエストラジオールが含まれている貼り薬です。今までも女性ホルモンを補充するような薬はありましたが、クリマラは皮膚に貼ることで...

トリキュラーが合わない場合はマーベロン 2020年01月08日

トリキュラーは、日本の産婦人科で最も頻繁に処方される低用量ピルの一つで、第一選択肢的に選ばれるほどポピュラーな製品です。トリキュラーは体への負担は少なく確実に避...

モーニングアフターピルであるノルレボの使い方 2019年12月19日

ノルレボは日本で発売した初めてのモーニングアフターピルで、有効成分はレボノルゲストレルになります。レボノルゲストレルは黄体ホルモンで、主に排卵を抑制することによ...

ピルの通販を利用するメリット 2020年01月25日

ピルは女性の月経の悩み解消や避妊に効果があります。海外では非常にポピュラーな薬であり多くの女性が使用していますが、日本ではまだそれほどメジャーではありません。避...

アフターピルと低用量ピルの特徴 2019年12月04日

アフターピルと低用量ピルはどちらもピルという名前がついていますが、使用する目的に違いがあります。大きな違いは服用する回数です。アフターピルは緊急措置的に必要があ...

トリキュラーの服用方法の流れ 2019年11月14日

低用量ピルの中でも人気のあるもののひとつがトリキュラーです。トリキュラーの特徴は錠剤の色が3種類に分かれており、飲む順番が決まっているということです。低用量ピル...

トリキュラーで大人ニキビも改善 2019年10月30日

トリキュラーは、日本の医療機関で第一選択肢として選ばれることの多い低用量ピルです。これはもともと女性が避妊をするための経口避妊薬ですが、含まれているのが女性ホル...